いつか見た日々

それはいつか見た日々
果てなくとおくちかく行き来する
飛び去る余韻の残響
匂い立つゆびさき
蓄積されながらとけあっている
あらゆる記憶を一層ずつ剥がして
透かし見た展示室
夕暮れが赤く反射してきらきらと
塗りかえっていった記録に埋もれて
見つかりたい/見つけられたくない
狭間でゆれるようにたたずむ
連なりをしぶとくゆすって調べを聞くように
光を浴びて見つめる
足元にある時間
引き連れたものごと
抱きかかえて出ていく
一番星へと跳ねて明日の
日常を捕り逃さない

2015/8/2?