うつくしいもの

つややかに光を放つ髪の毛を辿り、
切り抜かれた一瞬の永遠を手にする。
鋭い横顔を息を詰めて見つめた、
届かないと知っている、から
瞳はいつも正直だ。

濃いブラウンのローファーの諦めは見抜かれて。
足元の水たまりが乱反射してゆらゆら、
ひずんだ青空をよぎる白雲、ふちに滲む茜色、
明日の天気なんてどうでもよかった。
きらきらしい水面だけが今の全て。


#ヘキライ 参加作品
季刊ヘキ https://twitter.com/kikanHEKI

2017/1/8