淡いひかり

夢を震わせて肌があえいだ
冷たくやわらかなシーツの上
現実との境目を感知する指先でなぞる輪郭は
淡く空気に溶ける

ひとときの永遠、
眠りは長く何もかもを遠くするから
閉じ込めていた記憶が開いて夜中の窓際
過ぎ去った日々の感傷、
が返り咲いてささくれた皮膚もなだらかになる

窓と遮光カーテンの隙間から
わずかに入り込む月明かりが
ほどけた身体の影をうつして

2017/2/11