わたし(たち)へ

選ばなかった方の未来にいるわたし(たち)、お元気ですか?
選択肢が多すぎて少なすぎて惑っていたころを思います。

そちらの暮らしはいかがですか。
わたしはときどきそちらを選んでいたらどうなっただろう、と空想することがあります。
こちらの暮らしが決して悪いわけではありません。
辛いこともあるけれど、楽しいこともある、ごくありふれた日々を送っています。
それが一番だとも思うのです。

お互いがお互いをうらやむ、そんな日々の積み重ねかもしれませんね。
いまも何かを選ぶたびに未来が分かたれるのだと感じます。
分かたれて分かたれていくつものわたし、がいるのでしょう。
それだけ世界は不確定なものという気がしています。
そんななかで、
わたし(たち)が会うことはない、この事実だけは確かですね。
多重構造の世界で、わたしがいられるのは一ヶ所だけですもの。
さようならもいう時間がなかったことだけが悔やまれます。

選ばなかった方の未来にいるわたし(たち)、どうぞおだやかに。

2016/10/7