明日の方角

明け方の空に星が溶けていく。
去っていく季節をとどめようとしても
あなたとわたしの距離は流れるばかりで。

対岸、
すくい取ってもらえずに打ち上げられてしまった。
握っていたはずの手はとうに離れて
手首から先
頼りなげに浮いている。

とっくに終わっていることだった、
いつの間にかなんて甘ったるい響きも似合わないほどに。
引き延ばしていることを自覚しないように
鼻歌を歌っては
言葉をノイズにして
絡めた指先が徐々に引き攣れていくことに
目をつぶって。

引き剥がした痛みなどなかった、という顔をしているけれど
どちらのものかもわからないほど
癒着してはいなかったから
瘢痕もやわらかくなって
輪郭をあいまいにして。

身体を起こす。
夜明けの
ほの暗い空に指を開く。
答えは指し示されていて、それは
溶けていく星々。

糸がもつれているのなら
また会う日もあるだろう。
新しくならざるを得ない季節に
あなたとわたしの明日は
別々の方角へと向かっていく。

2017/3/7

「おさななじみ」をふくらませて角度を変えてみたものです。