光の輪郭

けぶるように天気雨は降り
光の輪郭をはっきりさせる。
プラットホームに立ち、向かいのホームとの間に
落ちていく粒子は明るく、
大きな帯を気まぐれにかける。

一瞬に見た永遠性を手のひらで撫でて、
街へ運ばれていく身体で
報告しよう。
――さつき火事だとさわぎましたのは虹でございました 


☆宮沢賢治「報告」(新編宮沢賢治詩集/天沢退二郎・編/新潮文庫)より

2017/3/17