ひとりぶんの身体からだ

あおいろのさみしさが点滅する
まぶしい太陽光
ゆったりとしたBGM
吹き込む涼しい風
すべてと切り離されて
やわらかいソファが
わたしに身体の
輪郭を伝えてくる

ひとりぶんの身体ひとつで
世界とぶつかること
涙は要らないから
視界をひかりで
塗りつぶす


ちんすこうりなさんの第二詩集『女の子のためのセックス』(草原詩社)を読了して書いたもの