呼気

雨が降らなくて
紫陽花がうつむいているのを
見ていることしかできない、

念を押すように
天気予報から傘のマークは
消えたままで。

張り詰めた日差しが満ちて、
空白に冷やされた身体を
追い立てては
輝きを求める街角、から
あわてて
ちいさな部屋へ舞い落ちる。

扉を開けて
よどんだ空気が流出すれば、
まだ 呼気にあたたかさがあることを
思い出すだろう。


2017/6/24